安全マネジメントについて

貸切バス事業者安全性評価認定ステッカー.png

 士幌交通株式会社は輸送の安全確保が自動車運送事業者の社会的使命と深く認識し、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識の徹底を図り安全マネジメント体制の維持、継続的な改善に努めるため、以下の通り全社員が一丸となって、取り組んでまいります。 

1.輸送の安全に関する基本的な方針

(1)社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹で有る事を深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。又、本社営業所における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場部門の状況を​十分に踏まえつつ、全社員に対して輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。

(2)会社は、輸送の安全に関する「計画の策定P・実行D・チェックC・改善A」を回し、全社員が一丸となって関係法令を遵守し、絶えず輸送の安全の向上に努めてまいります。

(3)輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。

輸送の安全に関する目標

事故防止目標

2021年度目標 人身事故 0 物損事故 0 飲酒・スピード違反 0

事故達成状況

2020年度目標 ~人身事故 0 物損事故 0 

2020年度実績 ~人身事故 0 物損事故 1

輸送の安全に関する重点施策

(1)輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び「運行管理規定・乗務員服務規程」に定められた事項を遵守いたします。

(2)輸送の安全の確保に関する、費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めてまいります。

(3)輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有いたします。

(4)輸送の安全に関する教育および研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施いたします。

輸送の安全に関する計画

(1)教育関係​ 本社営業所の運行管理状況を把握の上指導を行います。

(2)設備投資​ 後退運転を必要とする貸切車両全車に「バックアイカメラ」を搭載しました。安全運行に活用し安全運行に努めて行きます。

輸送の安全に関する教育および研修計画

(1)運転者の代表者​ 経営者と運転者の代表者による意見交換を含めて会議を持ち、双方向で情報の共有化をし輸送の安全向上に努めます。

(2)運行管理者関係​ 年間計画において運行管理者(点呼)会議・実施研修を実施致します。事故防止関係についても、点呼者を中心に交通安全啓蒙活動を実施致します。

(3)NASVA主催の運輸安全マネジメントセミナー講習を受講しております。
​運行管理者研修・整備管理者研修を受講しております。

​運輸安全マネジメントについて、書面でのご確認はこちらを参照ください。